とんぼろぐ

好きなこと、興味のあることを徒然と…。

美術がニガテなとんぼによるスプラトゥーン2奮闘記@その46

ども、とんぼです(●)´`・)

 

ᔦꙬᔨかなーやっぱw 一応オタクだけど彼女いるし、俺って退けない性格だしそこら辺とかめっちゃ似てるって言われる() 握力も31キロあってクラスの女子にたかられる←彼女いるからやめろ!笑 俺、これでも中1ですよ?

 ps
彼女はヒメ似です(聞いてねえ #あなたっぽいア二メキャラ

 

 

 

 

 

はい、フェスの振り返りいってみよー(前文ガン無視

 

 

f:id:tombownomegane:20180520072815j:image

今回は3回連続のフェスの第1回。

「どっちがかわいい?ハローキティvsシナモロール

 

かわいく見えて実は男の子なシナモロールか。

 

ハローキティーwwwwこんにちはぁwwwwwww\出来立てのポップコーンはいかが?/キティはみんなの人気者wwwwわwwんwwぱwwくwwいじわるwwwおこりんぼうもwwww優しいwwwキティとww一緒ならwwwwつられて優しくwwwなぁちゃうなぁwwwwヴェアッwwwwwwww

…と白インクなキティか。

 

ちなみにとんぼはシナモロールに投票。

なんかキティ、苦手で(¯―¯٥)

 

世の大勢…かどうかは分かりませんが

TwitterのTL警備をしている限りは投票はキティ優勢な模様。

 

 

 

 

 

皆どうせ白インクがいいんでしょ(´・ω・`)

 

 

 

 

 

f:id:tombownomegane:20180522235611j:image

7戦…正確には8戦終了時のフェスパワー。

まぁ、スタートは毎回こんな感じだった記憶が。

初期値で2000とかになる人、素直に尊敬です。

 

 

f:id:tombownomegane:20180522235740j:image

今回のフェスは全体の傾向として

キティ勢のフェスパワーが高め、シナモ勢のパワーが低めだった模様。

キティ勢は勝てるけどパワーが上がりづらく、シナモ勢はそもそも勝てない。

 

…フェスの闇やぞ。

 

 

f:id:tombownomegane:20180522235920j:image

今回のミステリーゾーンは過去のリバイバル

これ、いつのフェスなのか思い出せない(´-﹏-`;)

 

ただ、特別なギミックもなく、なんとなく面白みにかける…。

ヴァリの射程を活かして右高台から縦振りしたり

中央高台でヘイト集めたりしたんですが、どうもしっくり来ず。

キルレはいつもよりちょい高めだけど、塗りが弱いのか勝てない、勝てない…

 

 

f:id:tombownomegane:20180522235948j:image

途中5連敗もあり、立ち回りが迷走することに。

ソロフェスの辛みある(´;ω;`)

 

 

f:id:tombownomegane:20180523000025j:image

いつもより時間がかかりつつもなんとか「えいえん」に。

ただ、フェスパワーはかなりの伸び悩み。

 

記録をまとめると…

  • 第6回「アクション」…1611
  • 第7回「チャレンジャー」…1824
  • 第8回「花」…1752
  • 第9回「最新モデル」…1782.1
  • 第10回「先進の技術」…1838.1
  • 第11回「シナモロール」…1760.3

 

記録更新とは程遠い結果に。

まぁ、今まではずっと調子イイでやってきたけど

今回は調子ヨクナイでこのフェスパワーというのは成長してるということですな。

ザッツ、ポジティブシンキング(・∀・)

 

ちなみにフェスの結果は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombownomegane:20180523000451j:image

2対1でキティチームの勝利!

 

というかあれ?!投票率、シナモ勝ってるじゃん( ゚Д゚)!!

とんぼの周りがキティばかりだっただけですねw

 

まぁ、うちは最終的に今フェスは22勝25敗と負け越してるので貢献できず。

146キル119デスのキルレ1.2はうちとしてはそこそこの戦績だと思ったけどなぁ(¯―¯٥)

 

 

 

フェスの悔しさはフェスで返す!

今週末もがんばるぞー!

 

 

 

 

 

デジタルノートの「Microsoft OneNote」を手放せない件

ども、とんぼです

 

今回はライフハック記事。

ゲーム要素0なので、そちらをご所望な方は華麗にスルーで。

 

iPad ProとApple Pencilを購入してからというものの

デジタルノートの便利さに感動しっぱなしです。

 

色々と思うことを書きなぐったノートの内容が

iPad、PC、スマホで自動に同期される。

またバックアップも容易。

 

さらにApple Pencilで手書きもカバーされるという…

まさにコンプリートリィ(*´∀`*)

 

とんぼはいくつかのデジタルノートアプリを使って見ましたが

最終的には「Microsoft OneNote」に落ち着いています。

 

 

f:id:tombownomegane:20180512224424p:plain

そんな「Microsoft OneNote」の気に入っているところをご紹介します。

 

 

①タイピングでも手書きでも写真でも

それなりにタイピングを速くできることもあって、長文はタイピングの方が楽です。

でも、ちょっとメモしたいときとか、図なんかは手書きの方が圧倒的に速い。

それが両方できるってのはとっても有り難いです(*´∀`*)

 

なお図に関しては雑に○や□を書いても綺麗に補正してくれる機能もあります。

OneNoteの補正機能は他のノートアプリにちょっと劣りますが、まぁ許容範囲内。

 

ちなみに写真の挿入も楽なので、アナログなノートに記入したものをiPadで撮影。 

その後OneNoteに貼り付けるというアナログ+デジタルな合わせ技もできます。

 

ぐう有能。

 

 

②Webクリップがとっても便利

Webサイトを見たときに「後で見たい」と思ってもオフライン環境だったり

サイトが閉鎖して見れなくなったりすることもあります。

 

そんなときに便利なのがWebクリップ機能。

 

設定は色々と変えられます。

ページ全体をクリップしたり、一部をクリップしたりできます。

これならば見れなくなっても安心。

 

ちなみにブラウザがChromeなら拡張機能で気軽にクリップできます。

がんがんクリップしていきましょう。

 

 

③直しがいつでも思い通りにできる

アナログノートは一度書いたり、紙など貼ったりしたら

基本的にはその後は変更が効きません。

 

…まぁ、再度切り貼りすれば不可能ではないですけど。

いかんせん現実的ではない…

 

でもデジタルノートならいつでも思い通りに直すことが可能。

なげなわツールで選択した箇所を思い通りに動かせます。

後で「ここにこの文章足せば良かった!」と思ったらその通りにできます。

 

 

④PDFで出力可能

文書をデジタル化するときに一般的にはPDFにしていくと思います。

 

OneNoteはこれにも対応。

ページごとやセクションごとなど、お好きな範囲でPDFに出力できます。

もちろん元のOneNoteのデータも残ります。

 

様々なファイル形式でバックアップできるのはとっても強みです。

 

 

WindowsでもAndroidでもiOSでも

とんぼはWindowsのデスクトップPCにiPad Pro。

さらにはAndroidスマホと異なるOSのPCやガジェットを使っています。

 

同じOSであれば同一のアプリを用いればデータを同期するのはもはや当たり前。

ですが、異なるOSではそうはいかず。

でもOneNoteならなら異なるOSでも等しく使うことができます。

 

自動で同期してくれるので、変更した内容はリアルタイムで

他のデバイスに反映されます。

 

これ、めっちゃ便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良いところはこんなところでしょうか。

 

ちなみにとんぼは年ごとにノートブックを作っています。

さらに月ごとにセクションを分け、

日ごとにページを作ってライフログをまとめてます。

 

Webクリップしたものは、クリップした日の次のページとして保存。

これでそのときの自分が何をして、何に興味を持っていたかが分かります。

 

 

 

ちなみに「Microsoft OneNote」にも不満点はあります。

 

まず、データ量が多くなると同期に多少の時間が掛かります。

 

また、たまにうまく同期されなくて競合ページが作成されてしまうこと。

この競合ページ、デスクトップ版のOneNoteでないと編集ができません(¯―¯٥)

この点は少々面倒。

 

 

 

ちなみに「Microsoft OneNote」はMicrosoftアカウントを持っており

OneDriveにデータを保存すれば無料で使うことができます。

 

デジタルノートに興味がある方はぜひとも使ってください!

新しい世界を感じること間違いなしです!

 

 

 

Googleフォトが最強すぎる件

ども、とんぼです(●)´`・)

 

このブログはゲームのことを中心にとんぼが興味のあることを

だらだらと発信し続けるチラシの裏のようなブログです。

 

ということでたまにゲーム以外の記事も書きます。

今回はライフハック記事。ちなみにライフハックとは…

 

 

d.hatena.ne.jp

 

というような感じですが、とんぼ的には仕事ではなく

人生をより楽しく生きるための方法…というような感じです。

うーん、 遠大なネタ…wwww

 

まぁ、そんな堅苦しく考えているのではなく

とんぼがやってみてよかったなーということを備忘録を兼ねまとめる程度です。

 

 

 

 

 

f:id:tombownomegane:20180421090240p:plain

さて、今回はタイトルにもある「Googleフォト」についてご紹介。

いわゆる「ウェブアルバム」です。

 

d.hatena.ne.jp

 

これがとっても便利なことに今更気づきました。

 

 

良いとこ① :無料で容量無制限。

高画質モードにすると容量無制限。無料で。

多少圧縮されるみたいですが見た目には分かりません。

そもそも、メインのデータはあるわけですし、予備と割り切れば無問題。

 

 

良いとこ②:様々なデバイスから見やすい。

最近はデジカメやスマホの普及により本当に簡単に写真が撮れます。

そしてすぐその場で写真を見ることもできます。

アナログ主流だったころは印刷しないと見れなかったのでとっても便利。

 

その一方、わざわざ印刷して写真を見るということも少なくなりました。

というか撮った写真をすべて印刷してたら家計が終わるw

 

そういう意味ではこういったウェブアルバムを活用すれば

スマホタブレット、PCなど様々なデバイスから写真が見れます。

 

しかも日付ごとなどにも分けて検索性も優れてますしね(*´ω`*) 

 

 

良いとこ③:いざというときのバックアップ。

紙媒体と違いデジタルデータは一瞬で全てがなくなる怖さがあります。

例えばHDDが逝ったとか、DVDが割れたとか。

そういうこともありデジタルデータのバックアップは必須なのです。

 

でも、例えば複数のHDDを同期させてバックアップをしても

大きな災害とか、盗難とか、火事とか常に危険性は伴います。

 

このようなウェブアルバムはクラウド上…

正確にはサービスを運営している会社のサーバー上にあります。

なので、自宅に何かあってもデータは生き残ります。

 

バックアップの基本は複数、さらに種類の違う媒体でもするのが鉄則。

その「種類の違う媒体」として優秀です。

 

 

 

とまぁ、三つほど良いとこを挙げてみました。

写真の管理に悩んでいる方がみえましたらぜひお試しをば。

 

 

 

2.5インチサイズのSSDと透明なケースを購入した件

ども、とんぼです(●)´`・)

 

普段2.5インチHDDを持ち歩くことが多いです。

ただ、HDDで衝撃に弱くていつ壊れるかという恐怖と戦いながらの移動。

耐衝撃性ならHDDより断然SSDなのですが、容量単価はHDDが…。

となっていたのですが、だいぶ安くなってきたので試しに購入することにしました。

 

 

f:id:tombownomegane:20180505094849j:image

小さい〜!そして箱に入っていても軽い〜Σ(・□・;)

技術の進歩ってすごい。感動するばかりです。

 

ちなみに容量は240GB。

Amazonで7.5kほどでした。

 

今までは1TのHDDを持ち歩いていました。

ががが、持ち歩きでそんな容量大きくなくていいんですよね(¯―¯٥)

中身を精選することににして240Gに収まるようにしていきます。

 

 

f:id:tombownomegane:20180505094939j:image

購入したSSDとケースを合体!

ケースは透明なものをこれまたAmazonで1kほどで購入。

 

透明ケースおしゃれ〜(*´꒳`*)

購入したTranscendSSDがアルミ製なこともあり、おしゃれ感がさらに倍!

 

…ただ、SSDはかなり薄くてこのケースだとガタつきがあります。

SSDは衝撃には強いですが、このガタつきで無駄に衝撃与えるのはどうかと。

ググると、スポンジなどで隙間を埋めるのが吉みたいでした。

 

さっそく、百均でスポンジのシートを購入して当てはめ。

 

 

f:id:tombownomegane:20180506164140j:image

うわー…一気におしゃれ感が台無し。

これだったらなんか透明のシートを挟んだ方が良かったのでは。

これは許せないのでもう少し加工。

ガタつきがあるのは基盤から遠い方なのでそこは大きめに。

あとは基盤側にも少しだけというような感じで再加工。

 

 

f:id:tombownomegane:20180506164942j:image

うん、これなら許せるw

基盤から遠い方のスポンジは「ORICO」という文字をカバーするように配置。

良い感じに誤魔化せた気がしますw

というかこれは白いスポンジでなくグレーのスポンジが正解だったなぁ…

でも百均には黄色や赤などカラフルなものはあれど、グレーはなかったので仕方ない。

 

肝心の使用感は…なんというか普通に使えますね。

まぁ、当たり前なわけですがw

静音性が高いということについてはあまり差は感じないなぁ…。

もともと2.5インチHDDはそこまでうるさくないですしね。

 

SSDはHDDと違い長期保存には向かず、定期的に通電しないといけない模様。

通電しないとデータが失われる可能性があるんですよね…

ここはデータを入れて放置しておけるHDDとは違うところ。

 

まぁ、全てにおいてケースバイケース。

ことバックアップに関しては複数メディアで保存しておくことが大切です。

オンラインストレージなどもうまく活用しながら計画的に。

 

そもそもデータの断捨離も大切なのでやらなくては(使命感

 

 

 

 

 

  

今回、とんぼが購入したものたち。

末永きお付き合いをお願いします。(*‘ω‘ *)

 

 

 

美術がニガテなとんぼによるスプラトゥーン2奮闘記@その45

ども、とんぼです(●)´`・)

 

全てはディスコに貼られた一枚の企画書から始まった…

 

 

f:id:tombownomegane:20180512172359j:image

これが油会を二分する大事件に繋がろうとはこのときは誰も知らなかった。

 

 

 

 

唐突にフェスの開催が告げられた。

 

 

 

 

今回のお題は…

 

対抗戦、どっちを応援する?

 

ヴァリアブルローラー

          vs

ヴァリアブルローラーフォイル

 

油会様のご協力でお送りする。

 

期間は5月10日(木)22:00〜23:00。

 

止まない爆弾の嵐か降り注ぐ流星か。

 

愛を感じるのはどっち?

 

 

f:id:tombownomegane:20180512171436j:image

 

 

 

 

 

なお、無印かフォイか、どちらの陣営に加担するのかは塗りポイントで決まる。

 

 

f:id:tombownomegane:20180512173350j:image

とんぼは僅かな差でフォイ陣営に参戦。

ここに仁義なきヴァイアブラーたちの戦いの火蓋が切って落とされたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ここで重大なことをお伝えしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対抗戦、楽しみすぎてスクショや動画を撮るのを忘れた(ブロガー失格

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、肝心の画像などは皆無ですww

 

結果だけお伝えしますと、無印2チーム、フォイ2チームが対抗戦に参加。

アサリ、ホコ、ヤグラ、エリアを2戦ずつ行い、最後にナワバリを1戦。

全9戦の結果で勝敗を決定します。

 

なお、勝敗が早くに決まってしまうと面白くないので

終戦のナワバリを制すると1億ポイントです(クイズあるある

 

結果は、とんぼが参加したバトルは「1億8対0」で無印チームの勝ち。

もう片方のチームは「1億対8」で無印チームの勝ちww

…試合途中で突然のルール変更でラストバトルを1億ポイントにしたのが

完全に自分たちに刺さりましたwwww

 

しかし、話はこれでは終わらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tombownomegane:20180512174636p:image

…いつからトーナメントでないと錯覚していた?

 

ということで決勝戦と三位決定戦の近日開催をお楽しみに。

 

 

 

 

 

つづく…かどうかは分かりませんw

兎にも角にも楽しかったので、またやれるといいな(*´꒳`*)