とんぼろぐ

ミニマリスト目指し、モノレビューするブログ

写真の美しさを決めるのはセンサーサイズな件

 みなさん、写真を撮っていますか?

今はスマホの普及もあり、わざわざデジカメを持ち歩かなくても気軽に写真を撮れるようになりました。
もちろん、撮るだけならガラケー時代からできたのですが、写真の美しさが過去とは段違いです。

この写真の美しさを決めるのが「センサーサイズ」になります。
詳しく紹介しているサイトもありますが、それは詳しい方にお任せして、センサーサイズについて軽くお話したいと思います。

 

1.センサーサイズとは

デジカメのカタログに記載されている「1/2.3型」「1/1.8型」などと書いてあるもの。

小さいセンサーはカメラやレンズを小さく・安くできるというメリットがあります。
反面、大きなボケのある写真撮影が苦手です。

大きなセンサーサイズは、使用するレンズによって大きなボケのある写真撮影が容易となります。
反面、部品としてのコストが高く、大型になります。


2.センサーサイズ早見表

  • 中判
  • フルサイズ…プロが使用するようなデジタル一眼カメラ。
  • APS-C…デジタル一眼のエントリー機に使用されている。
  • 1.5型
  • 4/3型
  • 1インチ型
  • 2/3型
  • 1/1.63型
  • 1/1.7型
  • 1/2型
  • 1/2.3型
  • 1/3型…iPhone5S・6・7はこの大きさを採用。
  • 1/3.2型…iPhone4Sはこの大きさを採用。


上に行けばいくほどセンサーサイズが大きくなり、下に行けばいくほどセンサーサイズが小さくなります。
カメラの使い勝手を決めるのは、他にもいろんな要素がありますが、基本的にはセンサーサイズが大きいものを買えば、美しい写真が撮れると思えばOKです。
新しくカメラを買うときには、少し気を付けてみるといいかもです('ω')

 

以上、センサーサイズのお話でした。